2011年

3月

22日

上海人的睡眠时间不足8小时=调查

上海人的睡眠时间不足8小时=调查

2011年 3月 22日

   21日是一年一次的“世界睡眠日”。据以上海人为对象的调查显示,上海人的睡眠质量不太乐观,存在由于失眠造成睡眠不足等问题。

    据市民邮箱网络调查平台20日发表的调查结果显示,38%的被调查者认为自己睡眠不足。因睡眠不足导致记忆力衰退、注意力不能集中的人分别占59%、53%。此次调查共集3400多份案例,相当有说服力。

    上海人的睡觉时间很晚。工作日晚上11点后睡觉的人占40%,其中晚上12点后睡觉的人占8.6%。休息天睡觉时间更晚,50%的人晚上11点后睡觉,其中12点后睡觉的人占到了14%。对于上班族来说,睡觉时间和起床时间相对固定,70%的人在早上7点之前起床。

    从世界保健机构了解到,每天必须保证7~8小时的睡眠。此次调查显示,35%的上海人的睡觉时间在5小时以内,仅有8.5%的人在8小时以上。

    说到睡眠质量,一方面是时间,另一方面就是早睡。此次调查显示,有84%的人烦恼于失眠。其中,71%的是偶尔失眠,14%的人是处于长期失眠。不论是一周3天失眠还是一个月连续失眠,大多数人都不想去医院,找医生商量的人仅占7%。

     工作压力和心里问题是导致睡眠不足、睡眠质量低下的主要原因。

 

 


上記日本語訳です!
上海人の睡眠時間は8時間足らず=調査

2011年 3月 22日

  21日は年に1度の「世界睡眠デー」でした。上海市民を対象にした調査によると、上海人の睡眠の質は楽観視できず、睡眠不足でよく眠れないという問題が存在している。

  市民メールボックスのネット調査プラットホームが20日に発表した調査結果によると、38%の解答者は自分が睡眠不足だと認識している。睡眠不足による記憶力の衰退、注意力が散漫になるが59%、53%を占める。同調査は3,400枚以上の集計結果を集めており、かなり説得力がある。

  上海人は寝る時間が遅い。仕事の日で午後11時以降に寝る人が40%を占め、そのうち午前12時以降に寝る人は8.6%。休日は就寝時間がさらに遅くなり、50%の人が午後11時以降に眠り、午前12時以降に眠る人は14%を占めた。サラリーマンにとっては就寝時間と起床時間は比較的固定的で70%の人が午前7時前に起床する。

  世界保健機関は毎日7~8時間の睡眠時間が必要だとしている。同調査によると35%の上海人は、睡眠時間が5時間以下で、8.5%の人だけが8時間以上である。

  睡眠の質はというと、一つは時間、もう一つは早く就寝することだ。同調査によると、84%の人の悩みは眠れない。そのうち、71%の人はたまに眠れない、14%の人は長期にわたり眠れない。眠れない日が週3日間あり、1カ月以上続く場合でもほとんどの人は病院に行きたくないため、医者に相談する人は7%しかいない。

  仕事の圧力と心の問題が睡眠不足と眠りの質の低下を招く主要原因である。

漢院の環境を見るには

携帯でスキャン~

現在読者数:5,232人!

購読無料です!!

購読は無料!なのに、内容はしっかりと詰まったHSK対策メルマガです。初級者用のHSK4級対策と中級者向けHSK5級対策の2種類の内容で配信中。リスニング・書取問題もありますよ!

 

◆HSK4級問題

HSK5級問題

HSK5級听力

◆听写

4つの項目でまぐまぐから配信中!